【白浜フラワーパーク】足湯がある海辺の絶景キャンプ場【施設紹介】

ランキングに参加しています♪ ポチっとして頂けるとたいへん よろこびます(*´ω`*)
ファミリーキャンプランキング

えいみー
えいみー

こんにちは!

ファミリーキャンプに挑戦中。キャンプはニガテ、カエルをこよなく愛するカエルハンター、えいみー(@campnigate)です!

11月のキャンプ以来、体調不良やら子供の保育園行事やら忘年会やらで1か月近くノーキャンプだったえいみー家です(;´∀`)

キャンプ好きのダンナさんからいつ「キャンプ行くか!」と言われるかヒヤヒヤしてましたが

あれ?2019年のキャンプはもしかして、もう終わりかな?12月も半ばだし。。。

と安心しかけたその時!

ずっと行きたかった、人気で予約が取れないでおなじみの千葉県の白浜フラワーパークに「空き」を発見してしまったのです。。。(;´Д`)

ダンナさん
ダンナさん

こりゃ行くしかねーな!!!

えいみー
えいみー

ですよね~(;´∀`)

ということで、行ってきましたよ♪(*´Д`)

白浜フラワーパークの基本情報、オススメポイント、利用にあたり注意すべきポイントなどを写真を交えながらご紹介していきます♪
(*´▽`*)ノ

こちらはえいみーのやる気スイッチです(*´▽`*)
クリックして頂くと、にほんブログ村ランキングのINポイントが増えます。
応援よろしくお願いします(*- -)(*_ _)
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

にほんブログ村

スポンサーリンク

白浜フラワーパークの基本情報

* 公式HP:http://flowerpark.awa.jp/

* 所在地: 〒295-0104 千葉県南房総市白浜町根本1454

* 電話: 0470-38-3555

※ 本ブログに記載の情報はは2019年12月の情報です。

  ご利用の際は上記公式HPで最新情報をご確認ください

場内マップ

チェックインするとマップなどが入っている冊子が配布されます。

全体的にはそれほど広くはないキャンプ場という印象。

予約

予約はこちらの予約ページからできます→  http://flowerpark.awa.jp/winter/yoyaku.html

とになく人気があるので、土日は競争が激しいですが、冬季は比較的予約が取りやすいかもしれません♪

受付

ちょっと入口が分かりづらかったのですが、この「白浜フラワーパーク」という大きな看板があって、ここに駐車場があります。

本来はここが受付なのかな?

2019年9月の台風15号による被害の爪痕が3か月経ったいまでも残っていました。

いったん駐車場にクルマを止めて、坂を下りて行きました。

右側が臨時受付となっていました。

料金

冬季料金のようですが、大人×2、子供×1のオートキャンプサイトの料金です。

区画料金(3000円)+入場料大人(600円)×2+子供(400円)ですね。

ペットと一緒に泊まれる区画や、プライベートビーチに面した特別なサイトなど、プランがいろいろとあるので、プランを選ぶ際によくご検討ください。

手ぶらでキャンプができるプランもあるので、ギアを持っていない方でもキャンプ体験が手軽にできるのも魅力ですね♪

Bサイト近くの水場周り・ゴミ捨て場

Bサイト奥にある水場です。

灰捨て場もあります。

洗剤やスポンジも備え付けられていました。

水場はもう1か所手前にもありますが、こちらのBサイト奥の水場ではお湯もでるとのことですので、洗い物をする際にはこちらを利用するとよいかもしれません。

ちゃんと分別してゴミが捨てられます。

ガス缶も捨てられるキャンプ場は珍しいかも。

Aサイト近くの水場周り・ゴミ捨て場

こちらはお湯が出ないほうのAサイト近くの水回りです。

洗濯機の利用は1回300円。夏なんかはファミリーにはありがたいですね。

場内にネコを見かけたので、ちゃんとフタができるようになっていました。

灰の捨て場もあります。

Bサイト奥のトイレ

Bサイト奥のトイレは、なんかテーマパークに出てくるようにデザイン凝ってました。

シャワー棟の中にもトイレがあるのですが、このBサイト奥のトイレは温便座でした。

Aサイト近くのシャワー棟・トイレ

この水色の建物がAサイトに近いトイレ・シャワー棟です。

こちらではトイレと温水シャワーが24時間、あとケータイの充電ができるコーナーがあります。

小屋の中にちょっとした休憩スペースもあり。

赤ちゃんのオムツ替えとか、シャワーから出て着替えさせるのとかに使えるのかな?

トイレは至って普通。温便座ではないので、ちょっとひゃっこいです。

洗面台。鏡もついてます。

トイレの隣にシャワールーム。もちろんトイレ・シャワー共に男女分かれております。

シャワーは利用しなかったのですが、ロッカーを利用する際は300円ですが、コイン式ではないようで、希望のロッカー番号をスタッフにお知らせするらしいです。

ロッカー奥の洗面台は鏡とコンセント付き。

こちらがシャワー。

足湯

水色のシャワー棟の向かいに足湯の施設があります。

けっこう広い。

足湯用タオルも無料でおいてくれています。

テントサイト

こんな感じでエリアに分かれています。

おしゃれコテージ。

テントがニガテな方はこちらもいいですね♪

こちらは手ぶらキャンプのプランで使用されるサイトのようです。

わたしたちが利用したのはキャンプエリアAはコテージ・手ぶらキャンプのよりも海側。

ここがシャワー棟にいちばん近いサイトです。

こちらはドッグエリア。エリア自体を柵で囲ってしまっていて、中にテントがたてられるようです。

中ではワンちゃんが自由に動けるようでした。これなら気兼ねなく一緒にキャンプを楽しめそうですね♪

こちらがもう少し奥のキャンプエリアB。

ドッグエリアの向かい側に当たります。

AエリアとBエリアでちょっと迷ったんですよね。

上から見るとこんな感じで、柵の近くがちょっと嫌だったのと、どこかでも絶妙に海が見えないので、結局Aエリアのプールの近くにしました。

ビーチラウンジエリアっていうサイトもあったのですが、通常のオートサイトの予約では利用できないし、中も見えませんでした。

海側から見るとテントが張ってあったので、こちらは団体さんか、ちょっとお値段がお高いのかな?という感じでした。

BBQガーデン

こちらではBBQが楽しめるようです。

手ぶらでBBQが楽しめるプランもあるので、日帰りでBBQだけ楽しんでいる方たちもいらっしゃいました♪

スポンサーリンク

白浜フラワーパークのオススメポイント7つ!

オススメ1:絶景が楽しめる!

南房総の館山の先端に位置する、この白浜フラワーパークの魅力は、なんと言ってもこの太平洋の海辺の景色だと思います!

海辺のキャンプ場ということで、広い空と海の絶景が楽しめます♪

波の音を聞きながら、刻々と変化していく雲と太陽の傾きを見る。

こんな贅沢な時間が過ごせるのが、このキャンプ場のいちばんの魅力だと感じました。

千葉に住んでいると海は見慣れていますが、それでもずっと見ていてもぜんぜん飽きない景色です。

角度的に富士山は見えませんが、好天であれば大島ものぞめます。

朝日も角度的に見えないですが、山と朝焼けに染まる空とのコントラストが綺麗です。

千葉県のキャンプ場とは思えないリゾート感です!(*´▽`*)

この日はちょうど満月だったので、空が明るかったことと、薄雲が張ってしまったので、星がよく見えたのはほんの少しの間でしたが、やはり海のそばは明かりが少ないので星を見る環境としてももってこいですね♪

ダンナさんと息子くんは、ふたご座流星群の流れ星が見れたようです(*´▽`*)

(わたしはそのころテントにこもってお鍋の準備してました(笑))

オススメ2:ビーチがすぐそば!

足湯の脇の道に「Shell Bearch」の看板が。

階段を少し降りたところはもうビーチです!

キャンプサイトから徒歩でこちらのビーチに降りられます。

シェルビーチと呼ばれるだけあって、貝殻がものすごくたくさん!

砂浜というより、ほぼ貝殻なので、歩くとシャラシャラ。。。と貝殻が合わさる音がしてステキです。

キャンプ場から少し降りた距離なので子供と何度でも遊びに行けます。

ビーチサイドにもサイトがありますが、こちらはお高いプランのようでした。。。

オススメ3:うれしい各種サービス!

・温水シャワーが24時間無料。

夏などは海やプールが近いですし、うれしいですね。

・携帯充電コーナー。

大げさな電源じゃなく、ちょっとした電源が無料で借りられるというのはありがたい。

・打ち上げ花火大歓迎。

指定された場所であればOKとのこと。キャンプ場では禁止のところもあると思うので、こちらもうれしいサービスですね。

オススメ4:薪無料サービス

その中でも焚き火好きにうれしいのがこの薪無料のサービスかもしれません。

無料ということにはなっていますが、募金箱が設置されています。

ここは気持ちでOKとのことなので、ぜひ協力しましょう♪

斧とか薪を割る道具も置いてあるので、ここで巻き割り体験もできます♪

子供も金槌で薪を割るのを楽しんでいました♪

オススメ5:キャンプ場なのに足湯が楽しめる!

うちの子供がいちばん気に入っていたのが、この足湯。

足湯初体験だったからかもしれませんが、このあったかい足湯に大コーフン!!!(笑)

わたしも寒がりなので、キャンプで足湯ができるなんて、ほんとうれしかったです♪

sdr

ちゃんとタオルまで置いてくださっているところが嬉しいですね!

ポイント6:夏はプールが楽しめそう!

BBQガーデンの前に滑り台つきのプールがひとつ。

そしてAサイト、わたしたちがテントを張った目の前にも大きな滑り台付きのプールがもう1つありました。

夏には子連れのファミリーはかなり楽しめるかと思います♪

冬に行っても、滑り台の上まで登って景色を楽しめました♪

お子さんは目を離さないよう注意してくださいね!

ポイント7:スタッフさんが声掛けしてくれる!

実はわたしたちは、管理人ヨネさんのブログを拝見していて、お人柄にも惹かれて、このキャンプ場に行ってみたかった、ということが理由のひとつにあります。

Ocean's キャンプ場diary

2019年は千葉は本当に台風によって甚大な被害にあい、不便な生活を余儀なくされていました。

わたしたちも千葉県民として、そしてキャンパーとして、被災した千葉のキャンプ場を元気づけられないものかと、記事にしたり、実際に足を運んだりしてきました。

この白浜フラワーパークも非常に大きな被害を受けた南房総のキャンプ場の一つでしたが、管理人のヨネさんはいつも前向きで、一生懸命で、だからこそ多くの常連のお客さんがこのキャンプ場を利用されていて、なかなか予約が取れないのだな、ということがブログを拝見しているとよく分かります。

今回実際に足を運んでみて、キャンプ場の細やかな気遣いであったり、困っていたりすると声をかけてくださったスタッフの方々を見て、あぁ、すごく気持ちの良いキャンプ場だなぁと感じることができ、人気の理由が分かったような気がします(*´▽`*)

スポンサーリンク

白浜フラワーパーク利用で注意すべきポイント

注意ポイント1:風が強い!

実はこちらのキャンプ場、壊れたテントやタープが捨てられます。

。。。我が家はこんなキャンプ場に初めて出会いました(;´∀`)

我が家が訪れた日は北風が冷たくてチェックイン後、設営する時点での風速や北風4メートルほどでした。

ダンナさんと2人で設営しましたが、時々突風が吹き、風でテントが舞わないように少し「ガマンの時間」を設けながら設営を進めました(;´∀`)

スタッフさんに「昨日は風が強かったんですが、今日は風がなくて良かったですね」って言われたので。。。初心者の人は天候によっては、厳しい設営・撤収を強いられるかもしれません。

天候によっては勇気ある撤退も必要かもしれません。

くれぐれも無理のないよう安全にキャンプを楽しんでください♪

注意ポイント2:予約がなかなか取れない!

こちらのキャンプ場、ずっと行きたいと思っていたのですが、とても人気があって、週末にはなかなか予約が取れませんでした。

12月になって少しキャンプ人口が減ってきたところで、しかも日・月で直前予約で我が家は泊まることができました。

こまめにチェックして空いていたら即予約!をオススメします♪

スポンサーリンク

まとめ

白浜フラワーパーク、なかなか予約が取れない人気の秘密が少しお分かりいただけましたでしょうか。

千葉県の南房総では、この冬も不便な生活を強いられている方々がたくさんいらっしゃいます。

屋根にも青いビニールシートがある場所がまだまだ多いです。

皆さんも、ぜひキャンパーとして、被災地支援という意味も込めて、この冬、温暖な気候の千葉県のキャンプ場に冬キャンプに出掛けてみてはいかがでしょうか。

実際のキャンプレポ①はこちら♪
   ↓↓↓

えいみー
えいみー

夏は千葉は暑いからあまり行きたくないと思っていたけど、海水浴&プールとセットなら、ここはサイコーの遊び場だね♪

(*´▽`*)

ダンナさん
ダンナさん

沿岸部は風が強いけど

夏の夜ならそれも心地いいかもしれないな~

最後まで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>
ランキングに参加しています。
ぽちっと押して頂けるとたいへん喜びます(*´▽`*)
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました