【穴場キャンプ場の探し方】ダンナさんのGoogleマップ活用術!

ランキングに参加しています♪ ポチっとして頂けるとたいへん よろこびます(*´ω`*)
ファミリーキャンプランキング
えいみー
えいみー

こんにちは!

ファミリーキャンプに挑戦中。キャンプはニガテ、カエルをこよなく愛するカエルハンター、えいみー(@campnigate)です!

キャンプのベストシーズンともいえる春・秋はキャンプ場、どこも混みあっていますよね~。
(;´∀`)

ウチのダンナさんは混雑したキャンプ場が死ぬほど嫌いです(;´∀`)

ダンナさん
ダンナさん

混雑したキャンプ場にいくくらいなら死んだほうがマシじゃ!!!

( `ー´)ノ

えいみー
えいみー

いや、その場合は行かなければいいだけじゃ。。。?
(;´∀`)

ダンナさん
ダンナさん

それでもキャンプは行きたいんじゃ!!!

はい、ダンナさんは、どうしてもキャンプに行きたいらしいです(;´∀`)

そうすると必然的にメジャーなキャンプ場では人が多すぎてダメなのです。

では、穴場のキャンプ場の新規開拓って、何を基準に、どうやって探すのか?

きっと人それぞれ方法があるのだとは思いますが、ウチのダンナさんは最終的にGoogleマップに行きついたようです。

今日は、えいみー家ダンナさんの穴場なキャンプ場の選び方・探し方をご紹介します。

混雑が嫌い、山深いキャンプ場が好きという方には参考になるかもしれません。
(参考にならなかったら。。。ごめんなさい(;´・ω・))

では、いってみましょう(*´▽`*)ノ

こちらはえいみーのやる気スイッチです(*´▽`*)
クリックして頂くと、にほんブログ村ランキングのINポイントが増えます。
応援よろしくお願いします(*- -)(*_ _)
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

にほんブログ村

スポンサーリンク

最初に好みのキャンプ場を明確にする

皆さん、キャンプ場選びの基準があると思います。

お風呂がないとぜったいにイヤ、とか。
クルマを横付けできるサイトじゃないとイヤ、とか。

えいみー家の好みはこんな感じです。

ダンナさんの好み

① 混雑していない
② 山深い
③ 空が広い
④ 景色が良い

えいみーの好み

① トイレがキレイ
② 景色がキレイ
③ 空が広い
④ 混雑していない

えいみー
えいみー

ダンナさん、①に「混雑していない」が来る辺りが特徴(笑)

ダンナさん
ダンナさん

トイレなんてどーでもいいわ!!!( ゚Д゚)

えいみー家のキャンプ場選びには、えいみーの意見はあまり反映されていないのが現状です。。。
(;´∀`)ハハハ

スポンサーリンク

Googleマップでキャンプ場を探す

たとえば千葉に住んでいるえいみー家の場合、ダンナさんの第1条件である「混雑していないキャンプ場」を探すには、交通アクセスの良い首都圏はなるべく避けないといけません。

ダンナさん的には奥多摩・山梨方面の山が好きらしいのですが、山梨にはいちおうホーム(?)と呼べるようなワイルドなキャンプ場があるんですよね。

ファミリーにはオススメできませんが、山梨の穴場のキャンプ場「一の瀬高原キャンプ場」です。ご興味のある方はこちらをどうぞ~(;´∀`)
   ↓↓↓

一の瀬高原キャンプ場のレポはこちら♪
  ↓↓↓

それで前回のキャンプの時には「奥多摩とはまた違うお山で、埼玉県の奥秩父を新規開拓したい!」と標準を絞ったダンナさん。

ダンナさん
ダンナさん

奥秩父、最近ぜんぜん行ってないから行きたい!!!

探し方としては、皆さんが日頃Googleマップでどこかお店とか探すのと同じです。

① Googleマップを開く
② 左上のBOXに「キャンプ場」(スペース)「奥秩父(任意の場所)」を入力して検索
③ 地図上に出てきたキャンプ場を見ていく
④ 山奥が好きな人は、地図上で平地と山地で色が分かれているので、山のほうを探す。

Googleマップを使って探すと良い点は、周りの地形、集落との位置関係、川までの距離、自宅からの総距離、移動にどのぐらい時間がかかるか、などの情報がすべて分かるのが良いですね!
(*´▽`*)

また、テレビ朝日の人気番組「ポツンと一軒家」のように、衛星写真も確認できるので、「どんなキャンプ場だろう?」というワクワク感があります(*´▽`*)

えいみー
えいみー

もちろんハズレのこともありますよ(;´∀`)
期待しないで行くと、だいたい結果オーライですが(笑)

スポンサーリンク

ダンナさん的「キャンプ場ガイド」の使い方

我が家には「2018-2019 全国キャンプ場ガイド」という雑誌があります。東日本版がこちら。
   ↓↓↓

全国キャンプ場ガイド 東日本編'18-19 (昭文社ムック)
Amazonで昭文社 旅行ガイドブック 編集部の全国キャンプ場ガイド 東日本編'18-19 (昭文社ムック)。アマゾンならポイント還元本が多数。昭文社 旅行ガイドブック 編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また全国キャンプ場ガイド 東日本編'18-19 (昭文社ムック)もアマゾン配送商品なら通常配送無料...

ダンナさん的には、この雑誌は以下のように使うとのこと。

★前のほうに写真付きで載っているメジャーなキャンプ場は避ける

★後ろのほうにキャンプ場名、住所、電話番号しか載っていないところをGoogleマップで確認して攻める

ダンナさん
ダンナさん

トイレでのんびり情報を頭に入れるのに、ちょうど良い!

えいみー
えいみー

なんか高いお金払って買ったのに、活用されてないような。。。

スポンサーリンク

ダンナさん的「キャンプ場予約サイト」の使い方

なっぷキャンプ場ドットコムCAMP HACKなどのキャンプ場予約サイトもたくさんありますね。

ダンナさん的には、こういったサイトは以下のように使うとのこと。

★口コミが多いメジャーなキャンプ場は避ける

★口コミが少ないキャンプ場をGoogleマップで確認して攻める

ダンナさん
ダンナさん

カンタンに予約できるところに人は集まるものだ!

えいみー
えいみー

こういうサイトで「ここは?」とダンナさんに提案してみても、我が家からのアクセスが悪かったり運転する人でないと分からないこともあります

(゜-゜)ワタシ首都高ウンテンデキナイ

スポンサーリンク

まとめ

・ 地図から地形が想像できる人ならGoogleマップは使える

・ キャンプ場の設備よりも、立地重視の人はGoogleマップで探すと良い

・ ある程度リストアップして、そこからネットなどで個別にキャンプ場の情報を集めると効率良い(えいみー家のように立地重視の場合)

・ 新規開拓の場合、過度な期待は禁物!(笑)

思うのですが、キャンプ場って多すぎやしませんか?(;´∀`)

探すって言っても、どこから手を付ければいいか分からないし、もう検索していて、何を検索しているんだかわからなくなっちゃったりして(;´∀`)

そんなときに、シンプルに地図を見る!選ぶ!調べる!というように、Googleマップから探してみるのも一つの手かもしれません。

本当に「穴場」だとリピートできる場所が出来て嬉しくなりますし、「え~~~~。思ってたのとぜんぜん違う~~~~(; ・`д・´)」となっても、ファミリーキャンプではいい思い出になるでしょう( *´艸`)

えいみー
えいみー

。。。なんかあんまり参考に。。。ならない?(;´∀`)

ダンナさん
ダンナさん

まぁ少数派でも、きっと支持してくれる人もいるよ(笑)
例えば、バイク乗りとかな!

これで見つかった山深いキャンプ場が、こちら!
   ↓↓↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>
ランキングに参加しています。
ぽちっと押して頂けるとたいへん喜びます(*´▽`*)
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました